FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.08.19 (Fri)

爽やかに通院報告。

昨日(8/18-木)の結果です。

飲水量 358ml
しっこの回数 7回

※この結果は ニャン太郎くんだけの結果です。
※カオル子&ヒカル子の分は含まれておりません。

体重 3.99kg (前日比:+70g)

部分痙攣 2回(15秒位2回)

うずくまり 0回 

水嘔吐 0回 

食事量 合計 58g
(内訳:【糖コントロール 20g】【w/d 38g】【アニモンダ 0g】)


え~~っと。
飲水量&しっこの回数。まぁまぁですね。^^
いつも通りの横バイ的な結果です。
昨日は、痙攣の回数も少なくて、落ち着いている感じでした。

夕方、病院へも行ってきましたヨ!
やはり、診察台に乗せて真っ先に、目に飛び込んでくる例の皮膚。
先生も、「えーーーー…」って。
全回の時よりもヒドイですからね。
そのアレルギー反応らしき症状の原因に、
補液&ビタミンB2注射の可能性が少なからずあるようで…orz
先生に「今日の補液&注射、どうする?」って、聞かれる始末。(-∀-;)
でも、下痢したり、水曜日の様子があまりにも大変だったので、
出来ればやって頂きたいと言い、しっかりバッチリ注入して頂きました。
(その分が、体重に反映されています♪)

本来なら、その皮膚がこれ以上悪化しないように
エリザベスカラーとか使うんですって。
でも、ストレスになるだろうからって事で、様子を見つつ使わない方向に。
その変わりってワケでは無いと思うけど、お薬出してくれました。

これ。

20110819ura1.jpg

ファナログ。(って、聞こえたんだけど。。検索してもヒットしなくって。)
消炎抗生剤。って言ってました。
ちょこっと油ギッシュな感じのそれを、
一日2回、患部に そっと のせるような感じで使います。^^
これで落ち着いてくれると良いのだけど…
今んところ変わり無しです。
って、悪化しないって事は、効いているとも言えますね!

痙攣で、ブスブスと刺さったような歯茎?口びる?の辺りは、
傷が浅いから大丈夫だそうです。

約1ヶ月ぶりの血糖値測定は、、

431 (基準値 71-148)

ハイ。相変わらずの高血糖状態ですねー。

この結果も、ほぼ横バイ状態ですし、高くなっているワケでは無いので
安定していると言ってイイのではないかな?って思います。
多分…今現在、糖尿病闘病中の猫ちゃんの主さんは、
「えーーーーー」って、驚くとは思いますが…
驚きついでに「スゴイ!」って思ってくれたら、嬉しいなぁ。(-∀-)
お陰で…治療法が明らかに違いすぎるせいか、
糖尿病闘病猫さん仲間は一人もいない。。という。。orz
その変わり、老猫さん仲間は充実してるからいっか。(≧∀≦)

ニャン太郎くんの様子は。
補液効果で、だいぶん調子が良さそうです。
頬ずりすると、本当に嬉しそうに、喉をゴロゴロ鳴らしてくれます。
病院行くと、元気になるんですよね。なぜか。。
元気アピール(元気だから、触るな。何かするな。の意)って噂もありますが。

左半身の状況は。
こっちは、上手に歩けてる時と、フッラフラのヨッタヨタの時もあり、微妙。
昨日は上手に歩けてる姿を何度も見せてくれて、
思わず、「おぉーーーー!スゴイねー!」って、一杯褒めました。
そしたら、、ニャン太郎くんも、すっごく嬉しそうに、
アタシの前を行ったり来たりしてくれて。。

こんな感じの調子が長続きしますように…

20110819ura.jpg

「おぅ!わし。頑張るゼ!」

今日も穏やかで優しい一日になりますように。

-----------------------------------------------

応援してくださり ありがとうございます。^^

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
    

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

10:10  |  結果  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |