FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.09.13 (Tue)

仲良くお付き合い。

昨日(9/12-月)の結果です。

飲水量 324ml
しっこの回数 6回

※この結果は ニャン太郎くんだけの結果です。
※カオル子&ヒカル子の分は含まれておりません。

体重 3.82kg (前日比:-30g) 

部分痙攣 2回?(1分~30秒位)

うずくまり 0回

水嘔吐 0回 

食事量 合計 49g
(内訳:【糖コントロール 18g】【w/d 31g】【アニモンダ 0g】)

----------------------------------------------

飲水量&しっこの回数は、相変わらず横バイ的な結果です。

昨日は、(裏モフ)記事をアップした後に、
運子さんを 少し出してくれて、夜に、もう一回、少し。
この2回分を合わせて、なんとかいつもの量が出たかな。って感じです。
力むとグラグラするので、そっと支えてあげたりしてます。
しっこするのも、大変そうな時もあったりなんかして。
蜘蛛みたいなスタイルで、しっこしてたり。
そのまま座りながらしっこしてる?みたいな時も。
大事な部分に、猫砂がついていることもしょっちゅうです。
膀胱炎が怖いので、気付いたら、即座に拭いてあげるようにしています。
老猫ですから。いろいろ、ありますわ。^^

さて。皮膚炎状況ですが。。昨夜、ヒドイ事になってしまいました。(↓)

20110913ura1.jpg

急いで、EO水で消毒をして、油ギッシュ軟膏を塗り、服着用。orz

そして、こちらが今朝の皮膚炎状況。(↓)

20110913ura2.jpg

一晩で、キレイに…

先生はこの皮膚炎を「面白い」と表現しましたが。
や。ホント、面白いです。一体、どうなってんのーーー?って感じです。

補液とビタミンB2注射が、刺激になってる可能性は高く、
この二つをやると必ず出てくる皮膚炎。
かと言って、この二つを止めることは出来ないし、
仲良くお付き合いしていくしかないですね。

糖尿病も、闘病するというよりは、仲良くお付き合いしていく病気ですし。
この際、もう一つ仲良くお付き合いしていく何かが増えても、どうって事ない。
仲良くなれるように頑張ろうと思います。(-∀-)

そんなこんなで、ニャン太郎くんの様子は。
悪くはないと思います。昨日は、いつもより少し食が細かったですが、
多分、運子さんが詰まり気味で、張っていたのかも。
2回の運子さんで、少しはスッキリしたようで、
今朝は朝から、モリモリ食べてましたから、大丈夫です。
でも、もう少し楽に排便出来るようになるといいので、
これは、先生に相談した方がいいかもしれませんね。

ただ。。今朝…ニャン太郎くんの「うぇっ。うぇっ。うぇっ。」音で、目が覚めて。
吐くのかと思って、飛び起きて、急いで背中をさすったのだけど、
「うぇ~~」ってなったものの出なかった…。
と、いう。。。朝から刺激の強い出来ごとが。orz 
一発で目が覚めましたもの。
ニャン太郎くんは、もうかれこれ2年ぐらい「嘔吐」していません。
水嘔吐は、何回かありますが、こっちは、お水を飲んだ後に、
すぐにバァーっと吐きだすような感じなので。。。
いわゆる「ゲロ」とは、ちょっと違う感じなのです。
今回、うぇうぇしていた場所は、お気に入りスポットのクッション(枕)の上で、
普通に寝そべってて、いきなり吐き気を催したようでした。
吐くようになると、、、ちょこっと良くないですね…。
今回は、出てくるものが無かったけど。注意するようにしないとです。。

左半身の状況は。
ん。まぁ。いつも通りと言った感じです。
ズルズルしている時もあるし。
一足一足踏みしめながら歩いている時もあるし。
左前足で左後ろ足を踏んでて動けなくなっている時もあるし。
「ナンブ歩き」をしている事もあるし。
一言で言ったら、動きは変です。
でも、頑張って歩いているのですから、優しく見守ってあげてます。
あまりにも危険な時は、すぐに助けに行ってるから大丈夫です。

****

お手入れ中のニャン太郎くんです。

20110913ura3.jpg

「身だしなみは、しっかりしないとな!」

あっちこっち脱毛しているけど、お手入れはキチンとするんですよね。
お手入れするのは、調子がイイ証拠♪ 
ニャッち~!キレイだよ。カワイイよ~!

今日も穏やかで優しい一日になりますように。

-----------------------------------------------

応援してくださり ありがとうございます。^^

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
    

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

09:55  |  結果  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |