2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.03 (Mon)

最後の更新。

裏モフ最後の更新です。

このブログを立ち上げた時、
最後の最期まで、ニャン太郎くんの生きざまを綴ろう。と。
そう思って立ち上げました。
今年の目標にも、「最後の最期まで見せつけてやるゼ!」と誓いました。

ニャン太郎くんは、旅立ってしまいましたが、記録は残します。

涙が止まらなくて辛いですが、頑張って書き上げます。

昨日(10/2-日)の結果です。

飲水量 67ml
しっこの回数 1回

※この結果は ニャン太郎くんだけの結果です。
※カオル子&ヒカル子の分は含まれておりません。

体重 3.70kg (前日比:ドロー) ※過去最軽量 

部分痙攣 0回

うずくまり 0回

水嘔吐 0回 

食事量 合計 13g

----------------------------------------------

昨日、裏モフの記事をアップし、本館の記事をアップした直後。

「ゲフォ。」 そんな音が、ニャン太郎くんのお気に入りスポットから聞こえました。
近くにヒカル子がいたので、ヒカル子がゲロをしたんだと思って、
ヒカル子の傍に寄っていったら、ゲロが無い。

不思議に思って、キョロキョロしてたら、
お気に入りスポットにいたニャン太郎くんが「ゲフッゲフッ」と咳き込みました。
慌てて、「ニャッち?」と声をかけたら、また「ゲフッゲフッ」と咳き込みました。
その後、意識がなくなり、彼の身体は、ぐにゃぐにゃに…

半狂乱で、「いやだ。いやだ。いかないで。逝っちゃヤダ!」って、騒ぎながら、
「病院行く!病院連れて行く!」って、言いました。
途中、息が止まりそうになったニャン太郎くんに、
旦那さんが、人口呼吸をして、
まだパジャマ姿だったアタシは慌てて着替えて、病院へ駆け込みました。

すぐに先生が診てくださり、点滴をして、血液検査のため、血液をとり、
そのまま、入院室へ…
先生が入院室へ連れて行った後、
診察台がニャッちのおしっこで濡れていた。

その後、泣きながら先生の説明を聞きました。

しばらく植物状態が続くかもしれないこと。
でも、呼吸音と呼吸はしっかりしていること。
血液検査の結果も、どこかが悪くなったとかいうわけでないということ。
痛くて辛い治療はしていないこと。
だから、まだ諦める必要はないけど、覚悟はしといた方がいいということ。
きっと大丈夫だから、17:30に迎えにきてもらって、
夜は家族と過ごして、朝、また点滴をしに病院へ連れてきてね。って。

入院室で横たわるニャッちに、
「あとで迎えにくるからね。頑張るんだよ。大好きだよ。」
そう言って、たくさんキスをして、病院を出ました。

ニャッちは、まだ生きていた。

ショックでワケがわからなくなりながら、自宅に帰ってきて、
とりあえず寝たきり状態になりそうだから、おむつを買いにいくことにしました。
低体温状態になってしまってるので、今夜は暖房をつけて寝よう。
だから、エアコンの掃除をするのに、エアコンクリーナーも買ってきた。
軽い素材のフカフカの毛布も買った。
帰りにスーパーで、ニャン太郎くんが大好きなハムを買った。
食べられると良いな。ハムの匂いで目が覚めるかも。と、期待して。

自宅に着くか着かないかのところで、病院から電話がかかってきてしまいました。

「ニャン太郎くんが…」
「逝ってしまいましたか?」
「…ごめんね…」
「今すぐ、迎えに行きます。」

病院に入ったら、白い箱が見えた。
その中を覗いたら、入院室でキスをした時のお顔のままのニャン太郎くんがいた。
まだ、あったかかった。
先生の方で、鼻の中に詰め物もしてくださってあった。

声を出して泣いた。

先生のお話では。

午後から、ずっとニャン太郎くんの傍で様子を見守っていてくれたそうなのですが、
本当に、静かに眠ったまま、スーーーーッと、旅立って行ってしまったそうです。

先生から、たくさんの労いの言葉と褒め言葉を頂いて帰ってきました。

朝、いつも通りの量のごはんを食べてたし
元気に大きな声で鳴いてたのに。。。
きっと、最初の咳き込みがお別れのサインと挨拶だったのだ。と思っています。

******

ニャン太郎くんの最後の血液検査の結果内容 (カッコの数値は正常値です)

RBC(赤血球) 515 (500~1000)
Hb(血色素量) 8.5 (8~15)
PLT(血小板数) 25.5(30~80)

WBC(白血球) 3300 (5500~19500)

Ⅱ(黄疸指数) -- (2~5)
TP(総蛋白量) 7.8 (5.4~7.8)
Alb(アルブミン) 2.9 (2.1~3.3)
ALT(トランスアミナーゼ) 40 (29~84)
AST(トランスフェラーゼ) 28 (18~53)
ALP(アルカリフォスターゼ) 124 (62~212)

TCHO(総コレステロール) 198 (89~176)
TBIL(総ビリルビン) 0.2 (0.1~0.4)

GLU(血糖値) 473 (71~148)

BUN(血液尿素窒素) 38.6 (17.6~32.8)
Cre(クレアチニン) 0.6 (0.8~1.8)
P(リン) --- (1.7~7.2)
Ca(カルシウム) 10.8 (8.8~11.9)
K(カリウム)  3.3(3.4~4.6)

*******

生きてるニャン太郎くんの最後のお写真。

20111003ura.jpg

大好きな大好きなニャッち。

*********

2011年10月2日 午後15:50

ニャン太郎くん 24歳 永眠

*********

この記録が誰かの役に立ちますように。

今日まで、ニャン太郎くんのことを温かく見守ってくださった皆様へ、

本当に ありがとうございました。

☆☆☆

でも。。ニャン太郎くんの戦いはもう少し続きそうです。
荼毘に出す日が、来週の日曜日なのです。。
今日を含めて後7日間…冷たい保冷剤の中で過ごさなければなりません。
ご遺体が 10月9日まで、キレイに保管できますように…
それまでどうか、応援して欲しいです…

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
       

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

12:25  |  結果  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。